MENU

NURO光ってどうなの?評判が気になるあなたへ!

 

当サイト管理人を含め、友人・知人に評判を聞いた結果を良い・悪い・普通にまとめてみました。

 

良い口コミ

 

ADSLからの切り替えに成功

 

KDDIのメタルプラスADSLを利用していたけれど、動画を視聴するようになってから、カクカクするためかなり不満だった。

 

光回線への切り替えは面倒で、ずっと断ってきたけど、思い切ってNURO光に。

 

動画の遅れは解消し、子供たちもスマホのwifiの動きが明らかに早くなった!と喜んでいる。

 

それにソフトバンクのスマホ(2代)が毎月安くなったので、損した点ははないかな?

 

ソフトバンク光と迷った結果

 

フレッツ光を利用して、ソフトバンク光に転用しようとしました。

 

ですが、ツイッターなどで調べるとソフトバンク光は問題だらけのようだし、月額はNURO光のほうが安いので、NUROに。

 

フレッツ光と体感はそれほど変わりませんが、SPEED測定は倍以上です(※下り180Mbpsほど)

 

まあまあな口コミ

 

セット割りで得をしたくらい

 

スマホをソフトバンクに切り替え、auひかり→NURO光へ

 

速度の体感はauひかりとさほど変わらないし、使っていて不満はない。

 

唯一良かった点は、セット割りが適用になった点くらいかな?

 

 

悪い口コミ

 

2回工事は面倒

 

屋内工事と屋外工事の2回に分かれるため、面倒でした。

 

私は仕事が忙しく、土日の2回の時間を作ることには抵抗がありました。

 

サービス自体に不満はないけれど、フレッツやauのように1回で終わらせてもらいたいものです。

 

まとめ

 

NURO光はキャッシュバックキャンペーンがあり、また、速度は世界最速。
料金もライバル他社よりも安いため、サービス自体はかなり良質といえます。

 

ですが、工事が2回というわけのわからないルールだけは何とかしてもらいたいものですね(汗)

 

 

NURO光

 



 

  • キャッシュバック:ネット+電話35,000円
  • キャッシュバック:ネット30,000円
  • オフション不要
  • 最短1ヵ月現金振込
  • 申し込み後、振込口座の確認で申し込み忘れなし

 

公式サイトとキャンペーン内容は同じですが、キャッシュバック&受け取りタイミングは代理店のほうが速いです。

 

 

>>【NURO光】業界最速!キャッシュバックキャンペーン

 

NURO光&ネット回線QA

 

NURO光の疑問をこたえる人

 

インターネット回線の光電話※メリット・デメリット

 

光ファイバー網を利用し、インターネット回線をつかって通話を行うことができる光電話は、通常の電話より使用する帯域が広くなっているため、通話品質が一般的なアナログ電話よりも高いことがメリットです。

 

また、通常は新しい技術を利用したサービスは利用料金が高めに設定されることが多いですが、
光電話については通常の音声通話サービスより基本料金も通話料金もともに安くなっており、ある程度長時間であれば料金を気にすること無く相手と話をすることができるでしょう。

 

ただし、自分と相手の両方が光電話に対応している機器をつかわなければ高品質の通話ができないので注意が必要です。

 

一方、光電話の最大のデメリットは、停電をしてしまうと使用できなくなることです。

 

これは、光ファイバー回線から一般の電話機を利用可能にするために使用するホームゲートウェイと呼ばれる装置が使えなくなってしまうためです。

 

専用のモバイルバッテリーや無停電電源装置(UPS)を使えば、一時的に通話不能な状態を回避することができますが、
停電が長時間にわたるとこれらも使えなくなってしまいます。

 

また、加入する光電話サービスによっては、110や119、177といった1からはじまる3桁の電話番号など、いくつか利用することができない番号があるのもデメリットです。

 

 

NURO光の工事って具体的に何をするの?

 

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する、光回線インターネットの規格になります。

 

下りの通信速度が最大2Gbpsにも及ぶため、快適なネット環境のもとで生活することができます。

 

NTT東日本の光ファイバー回線を利用しているため、回線の不良で滞ることなくサービスの提供を実現しています。

 

しかも、月額4743円は高速無線LANとセキュリティサービスが込みの価格なので、他のインターネットプロバイダーと比べるとコストパフォーマンスに優れています。

 

NURO光に鞍替えする意向は固まっているものの、工事で何をするかについて知らない方が多いかと思われます、
NURO光の開通工事では、宅内と屋外ごとに工事が行われる特徴があります。宅内の場合、自宅内部に光ファイバー網を挿入する作業が行われ、業者との立ち合いが必要になってきます。

 

配線の引き込みの際には、壁に穴を開けたりビスを打ち込む作業が含まれており、
必要最低限の作業に努めていきます。

 

宅内の作業が終わると屋外の作業が始まり、電柱と屋内配線を結ぶ、光キャビネットの設置に取り掛かります。

 

取り付け場所の関係上、こちらの作業も立ち合いが求められますが、1時間程度で済むので手間を取らせません。

 

 

 

>>【NURO光】業界最速!キャッシュバックキャンペーン